poulkjaerholm_01
poulkjaerholm_02
ポール・ケアホルムは、家具職人としての修業を受けた後、デンマーク美術工芸スクールで学びました。 建築素材に強い関心を持っていた彼は、家具の素材としては当時まだ一般的ではなかったスチールも、 木などと同様、芸術的な繊細さをもつ天然素材であると考えました。 卒業後はフリッツ・ハンセン社に 約1年間勤め、その間に重要なチェアのプロトタイプを数多くデザインしています。 1955年よりケアホ ルムは、家具メーカー、アイヴィン・コル・クリステンセン社との関係をスタートさせ、その協力は1980 年にケアホルムが51歳の若さで亡くなるまで続きました。
北欧家具.com